災害時にも便利なパンの缶詰が開発された背景と種類について

非常食として備蓄したい缶にこめたいっぱいのパンとは

缶に詰められたパンができるまで

災害時に食料として重宝するのが缶詰です。
この缶詰にはパンが入っているものもあるそうです。
パンというと賞味期限が1週間と短いものというイメージがあります。

ですが、この非常食用のパンは賞味期限が1年以上も持つのです。
何故かというと不活性ガスと言われるガスでパンの劣化を防いでいるからです。

作り方としてスチール缶に材料を入れて丸ごと加熱します。
すると中でパンもできるし雑菌も殺菌されるのです。

このパンは関西でおきた大規模な地震をきっかけに製造、販売されるようになったそうです。
地震の時に水も火も使えないけれども缶詰に入ったパンがあると開けるだけで食事がとれます。

また、味や食感、携帯のしやすさなどバランスよく重宝できる一品です。

味もいろいろあります。
全体的に甘く、菓子パンのようなものが多いです。
調理パン派塩気がありますが腐食が進みやすいためいまだ実用化されていません。
菓子パンの用量ですからカロリーも高く摂取でき、災害時に何もなくてもエネルギーとして食べることができます。

最後は値段です。
一般的に300~400円くらいなのが妥当です。
災害時用のセールを行うスーパーではこれを目当てに人がごった返しているようです。
缶もかさばらないので少し多めに用意する人もいます。
味もそうですが、食感もそうですし、何より普通のパンのようにのどが渇きにくいというところも魅力の一部ですよね。
災害時に水がなくてもお腹はふくれるパンはとても便利です。

災害時に食べられる缶に入ったパンとはなんぞや

災害時に食べられる非常食のパン。 このパンのおいたちについて書いています。 それは最初の小さな真心からでした。 そこからさらに失敗を重ね今に至るそうです。 パンの作り方についても少し触れています。 なので読んで安心して召し上がってください。 優しさの詰まったお話と製法です。

味も美味しいとおりがみ付き

災害時用の非常食として普及されている缶のパン。 これはいったいどのような味なのでしょうか。 味のバリエーションは多々あり、どれを選んでも美味しく食べられています。 味も世代や老若男女問わずだべられるものが多いです。 食感や味の感想としてふわっとしているそうです。

真心が詰まっている缶

災害時の時に非常食として食べられるパン。 でも、アレルギーの子もいるでしょう。 そこのだけ別なものを食べる、もしくは食べられないというのはあんまりです。 その子も一緒に食べられるパンというのも開発したようです。 災害時に水が欲しくならないパンというもので作っているそうです。